婚約者の裏切り

婚約者による裏切りや浮気行為を防止する為には

今の時代結婚しているからと言って婚約者が浮気などの裏切り行為がないとは限りません。昔も浮気は勿論ありましたが、今程多くはありませんでした。その根拠として携帯電話などの普及によって相手と簡単に連絡が取れるようになったからです。それによって婚約者が何時どこで誰と連絡を取っていても不思議な事ではありません。婚約者との関係にもよりますが、まずは裏切りや浮気行為を無くす為にも相手と上手にコミュニケーションを図る事が大切となってきます。そして婚約者がそのような行為をするのには必ず何か理由があるので、例え裏切られたとしてもその理由をはっきりさせる必要があります。勿論、内容によっては納得のいかない部分もあると思いますし、一生を共にすると決めた相手に裏切り行為をされるのはとても悔しい事ですが、相手を攻めるだけではなくお互いに必ず原因はあるので、共に話し合ってこれからの事を前向きに考えていくべきだと思います。

婚約者の裏切りによる婚約破棄は慰謝料請求可能

結婚を前提として両親への挨拶を済ませ、正式に婚約を済ませた後に婚約者の浮気をはじめとする数々の裏切り行為が発覚した場合、婚約破棄に加えて慰謝料請求の対象となります。婚約を済ませて婚約者となることは、婚姻関係の仮契約を結んだことと等しいため、その後の浮気の発覚や借金の発覚な全て婚約者に対する裏切り行為に他なりません。このような仮契約の段階であっても、精神的苦痛を受けたとして慰謝料を請求することが認められています。離婚と婚約の破棄では慰謝料の額には開きがあるものの、契約という観点は同じであることから、婚約破棄については慰謝料請求が認められています。婚約者が浮気をしていることが発覚した場合には、婚約者並びにその浮気相手に対して慰謝料請求が可能です。不倫関係にあった場合には、内容証明を相手の家または職場に送りつけて厳しい制裁を加える事ができます。それだけ婚約という契約が社会的に重要であることが分かります。

婚約者の裏切り。謝罪させたい!と思ったら

たとえ口約束であっても、成人した男女が「結婚」についての約束を取り交わしたことがあれば、それは「婚約」となります。書面での取り交わしや結納などは特に必要ありません。婚姻関係ならいざ知らず、そういった「婚約」という、未だ契約していない間柄であっても、婚約者から裏切られた場合は慰謝料が請求できることはあまり知られていません。婚約者からの裏切りにより、心が傷つけられた場合、精神的な傷を負ったということで、謝罪の形として損害賠償請求を行うことができるのです。ただし、「口約束でも婚約は成立する」とはいうものの、本当に婚約者といえるだけの仲なのかどうか、婚約者であるという認識が双方にあったのかどうかという証明は必要になります。たとえば、長期間にわたって同棲生活をしていたり、お互いの両親に正式な挨拶をしていたり、といった、客観的に見てお互いに共同生活を営む意思が認められるような事実があれば、「婚約状態にあった」と始めて認められることとなります。

婚約者の裏切りに対するスマートな仕返し方法

婚約をして双方の両親への挨拶を済ませた時点で婚約者となります。結婚に向かってお互いに着々と準備をしていくものではありますが、それが順調に行かないことがあります。衝撃的なことではありますが、婚約者の裏切りというしっぺ返しがあることも少なくなく、それによって婚約破棄という結果を招いてしまうことがあります。婚約者が別の男性と関係を続けていることを共通の友人を通じて知ってしまうことは、意外とよくあることでもあります。たしかに、大変ショッキングなことではありますが、婚約を結んでいる以上、民法にそって正統な仕返しをすることが認められています。婚約破棄ということで慰謝料を請求することが認められています。そのため、友人の協力を仰ぎながら落ち着いて制裁の準備をします。もっとも効果的な仕返しは、婚約者の両親への通達と婚約破棄、そして慰謝料請求です。ここまでは証拠が揃えば可能なので、興信所を使ってでも証拠を集めましょう。どの興信所を使えばいいかわからない人はネット上にあるランキングサイトなどを参考にしてみると良いでしょう。参考サイト:興信所ランキング!浮気調査・素行調査に強い興信所はココ!

婚約者が裏切りした際に不倫の対応方法について

あなたは幸運にも一人の女性と婚約することになりましたが、ふとしたことからすれ違いが生じて、その間に婚約者は彼氏を裏切って不倫してしまうというケースが多発しております。当然、裏切りに遭ってしまった彼氏としては婚約解消も視野に入れた断固たる姿勢で、婚約者との話し合いに臨むのが通常の展開です。回数で許容する人もいれば、結婚前から婚約者に裏切られたと感じてしまう人であれば許せるはずもなく、婚約解消は間違いありません。日本国内における婚約解消のケース事例をデータ化すると、非常に興味深い【声】としては、最初は相手に非があって不倫したとしても、そうさせてしまった根本的理由は被害者にあるとする責任転嫁の考えがあります。一見すると自分の責任を都合よく転嫁させただけともいえますが、婚約者への裏切りを助長して不倫してしまったことについては、当事者間で話し合った上で双方が納得できる結論を導き出さなければならないのです。